価格設定

少しでも広く見せるために

注文住宅を建てる人は裕福と思っている人は多いですが、そうとは限りません。一生懸命お金をやりくりして、注文住宅を建てる人も大勢います。と言うか、そう言う人がほとんどでしょう。 ですから、広い注文住宅を建てられると言う人はあまりいません。多くの人は、狭い空間をいかにして広く見せるかに努力をします。リビングを広く見せるには、圧迫感が出ないように高さのある家具は置かないと言う工夫が必要です。家具の色を床や天井の色に合わせると言う方法もあります。 また、浴室は居室よりも狭いことがほとんどです。浴室に広がりを出すには、天井を高くしたりドーム型にすると言う方法があります。縦空間に視覚的な広がりを持たせましょう。

バスコートを設ける人が増えている

注文住宅のほとんどは、1階に浴室があります。2階に設置することも増えましたが、防水や漏水の可能性を考えると、1階に浴室をつくった方がいいでしょう。 しかし、1階に浴室をつくる場合は、プライバシーが侵されないようにしなければいけません。さらに、最近は浴室に癒しを求めることが当たり前になりました。そこで、プライバシーの確保と癒しのために、バスコートを設ける人が増えています。 バスコートは設ける場合、高い塀をつくることになるので、プライバシーは確保できます。入浴しながら眺められるわけですから、緑を植えたりすれば癒しも得られるわけです。メリットが大きいと言うことで、バスコートを希望する人は増加傾向にあります。

Copyright(c) 2015 今よりもっと住み良い住宅への引っ越しを考えている方へ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com